[専門美容師が解説!]広がる髪の原因別対処法

2023/12/01
[専門美容師が解説!]広がる髪の原因別対処法

こんにちは!ENORE柏店スタイリストの大久保です。近年、バレイヤージュや髪質改善など、色んなものが流行りましたが、同時に髪への負担が大きい施術が多く履歴が複雑化して髪が広がりまとまらなくなってしまう方が多くいます。

広がりといっても、様々な原因があり、元々の髪質なのかダメージによるものなのかで対処法も違います。

私も小さい頃からくせ毛で、モサモサとボリュームが出てしまい自分のしたい髪型には出来ずそれがくせ毛のせいでそうなってると分からず美容師さんのせいにしてました。笑

このブログでは髪が広がって思うようにならない、扱いづらいと悩んでいる方に向けて原因別の解決方法を紹介していきます!

髪が広がる事によるデメリット

髪をおろせない

これが一番嫌ですよね。どんなヘアスタイルにしても髪が広がっていては何も出来ません。同じようにスタイリングしようとしてもパサついて見えたり同じように見えなかったりします。髪を下ろせなくなり、縛ることしか出来なくなるとヘアスタイルを楽しむ事が出来なくなりますよね。気分を上げてくれるはずの髪がネガティブな存在になってしまいます。髪が広がる事によるデメリットで一番大きいのはおろせない事です。

清潔感がなくなる

髪が広がるとバサバサに見えてしまい清潔感がなくなります。髪が広がっていると年齢より上に見られたり社会人の方であれば身だしなみが整っていないと思われてしまう事もあります。

髪を綺麗にしておく事は身だしなみの一つですし、あまりに広がって清潔感が無いように見えてしまうと職業によっては悪影響を及ぼすかもしれません。

アイロンなどを使いがちになるのでどんどん傷んでいく

広がっていると縛るか綺麗にする為にスタイリング、アイロンを通すかになると思います。アイロンを通す頻度が上がると髪はどんどん傷んでどんどん広がるようになっていきます。

広がっている髪というのはダメージの影響や癖の影響で乾燥して水分量が少なくなっています。パサパサしている事が多いですよね。アイロンは髪の水分量が多いと効きやすいですが、乾燥していると温度を上げないと効きにくくなります。乾燥している→アイロンが効きにくい→温度を上げる→更に乾燥して傷む

という負のループに突入します。

髪が広がる原因

髪が広がる原因は大まかに2つあります。

ダメージによる広がり

元々直毛でサラサラの人でも、髪に負担をかけ過ぎてしまう事で髪が広がり、癖が出てきたと感じる事があります。

生まれつきの髪質による広がり

生まれつき髪に癖がある方は広がりやすいです。うねるだけが癖と思われがちですが、広がる癖もあります。自分の髪が癖で広がっているという認識がない方も多いです。

原因別の対処法

癖で広がっている方もダメージでひろがっている方も対処法としては同じですが、メリットとデメリットやお勧め度が変わってくるので細かく解説していきます。

ダメージで広がっている方の対処法

アイロンで抑える

アイロンで広がりを抑える事は出来ますが、アイロンの熱によりなおダメージするので徐々に悪化していきます。

ホームケアで抑える

ダメージで広がっている場合、これが1番良いです。ホームケアを完璧にしたらサロンでのトリートメントなどもして抑えていくのが一番リスクなく抑える事が出来ます。

ただ、目に見える効果としてはアイロンや縮毛矯正より感じにくいので完璧に広がりを抑えたいという方には向きません。

自分に合うホームケア用品と毎月のサロントリートメントで抑えつつ、根本から伸びてきた髪を極力ダメージさせずに伸ばしていき、大切な用事がある時だけアイロンなどで一時的に抑えるのが時間はかなりかかりますがお勧めです!特にENOREオリジナルのホームケア用品がお勧めです!

⚠︎ある程度の効果を感じたい場合は市販品はNGです。⚠︎アイロンを使う場合は140〜150度で熱を長時間当て過ぎないようにして下さい。

縮毛矯正で抑える

これはあまりお勧めはしませんがもし可能なら1番広がりを抑えられます。基本的にはダメージし過ぎているとかけられない事が多いのが縮毛矯正ですが、ダメージ具合によってはかけられる場合もあります。

勿論、縮毛矯正は美容室のメニューの中でもダメージは1.2を争うレベルなので、更にダメージしてしまうのですが、見た目は多少綺麗に見えるかも知れません。

ただ、その後のホームケアも完璧にしないと髪が切れてきたり余計にダメージして見えたりするリスクもあるのでダメージするリスクをご了承頂いた上で施術する事になります。お勧めはあまり出来ません。

癖で広がっている人の対処法

縮毛矯正で抑える

癖で広がっている場合は縮毛矯正が一番です!逆に縮毛矯正以外だとその場しのぎにしかならず広がりを抑える事は出来ません。

ただ、縮毛矯正はダメージしますし、カラーとも相性が悪いので癖や広がりを抑える事が最優先!という方にお勧めです。

アイロンで抑える

毎日丁寧にアイロンをかけられるなら癖や広がりを抑える事は出来るのですが、ダメージしてしまう事と、毎朝アイロンをするのは手間がかかる、雨が降ったり湿気にあてられると元に戻ってしまうデメリットがあります。

アイロンの使い方を間違えると本当に酷いことになってしまうしあまりお勧めしません×

アイロンを使う際は毛質によりますが、140℃から160℃で設定して下さい。

ホームケアで抑える

これは効果としては一番感じないです。

髪の形を変えるわけではないので纏まりが少し良くなる程度です。ただホームケアは何をするにもとても大切ですし、縮毛矯正をかけるのもアイロンをするのもホームケアは必須なので普段から自分に合った良いシャンプートリートメントや良い習慣をつけることをお勧めします!

どんな事をすればいいかは美容師さんに聞いてみてください!

基本は良いシャンプートリートメントを使って必ず毎日しっかり乾かす事が大切です。

髪が広がらなくなる事で得られるもの。

①頭が小さく見える

②髪が綺麗に見える

③清潔感アップ↑

④出来る髪型が増える

⑤アイロンを通さなくて済むので時短になる

ENOREのオリジナル弱酸性縮毛矯正がお勧め

広がる場合は縮毛矯正が一番効果が大きいのですが、一般的な美容室で使用される縮毛矯正の薬剤だと過度にダメージして広がりが悪化してしまうこともあります。

ENOREではオリジナルの弱酸性の縮毛矯正の薬剤を使用しています。

特にダメージで広がる方は弱酸性の優しい薬剤で縮毛矯正をすることをお勧めします!

縮毛矯正は一人のお客様にかかるお時間が長いので予約が取りづらくなってますので早めの予約がお勧めです。

ご予約は下の↓↓のバナーから!

https://869502.b-merit.jp/H5acjt/web/reserve2/?action=stylist&no_menu=1&redirect=1

縮毛矯正 15000円

実際のサロンワークでのお客様のbefore after

サロンワーク①

強い癖とブリーチのハイライトを繰り返したせいで髪が纏まらず広がってしまうお客様。原因としてはダメージと癖で両方なので今後のホームケアも必須です。

サロンワーク②

カラーを繰り返した事による軽めのダメージで広がるお客様。縮毛矯正で纏まりよくなりました。

サロンワーク③

癖で広がって纏まらないお客様。この場合は縮毛矯正以外だとあまり意味をなさないので縮毛矯正で纏まりよくしました♪

まとめ

・広がりには何故広がっているのか原因がある。

・原因によって対処法は異なる。間違った対処の仕方をすると解決出来ない。

・ダメージで広がっている場合はホームケアとサロンでのケアメニューが一番。

・癖で広がっている場合は縮毛矯正が一番

自分がどんな理由で広がっているか分からない、どう対処すればいいか分からないという方は是非大久保にお任せ下さい!

ご予約は下の↓↓のバナーから!

https://869502.b-merit.jp/H5acjt/web/reserve2/?action=stylist&no_menu=1&redirect=1

縮毛矯正 15000円

実際のサロンワークはインスタグラムから↓

お電話はこちらから↓

℡04-7140-0716

所在地↓

ENORE柏店 〒千葉県柏市明原1-2-2