酸熱トリートメントの平均的な持ちはどのくらい?

2021/11/14
酸熱トリートメントの平均的な持ちはどのくらい?

こんにちは ☀︎

ENORE 青山店の相楽瑞月(さがら みづき)です☺︎!

酸熱トリートメント or  髪質改善トリートメント というワードを聞いたことはございますか??

美容業界の中では今とっても流行っている 言葉になります!

今回はその中の酸熱トリートメントについて

まず酸熱トリートメントとはなんだろうか❓持ちはどのくらいなのか❓

と言うことについてお話しして行きたいと思います!

酸熱トリートメントとは何か?

酸熱トリートメントというのはわかりやすくいうと縮毛矯正とは違い 髪内部の改造はせずに

強酸で擬似的にストレートにするものになります。

薬剤としてはトリートメントになってくるので ダメージリスクはほぼありません。

主に ブリーチ毛 縮毛矯正をやめたい方 縮毛まではしなくても艶髪になりたい方におすすめします◎

しかし 癖が強い方に対しては薬剤の力が弱いので縮毛矯正の方が癖はしっかり伸びるでしょう。

酸熱トリートメントの持ちはどのくらい?

〜 お客様 before afterを添えて 〜

酸熱トリートメントの持ちは平均で2〜3ヶ月と言われています。

縮毛矯正とは違ってダメージは抑えられるのですが 持ちが縮毛矯正とは異なり短いのが特徴です。

プラスの意味では根本から毛先まで毎回 酸熱トリートメントはかけられます。

縮毛矯正は基本伸びたところしかかけない施術になってくるのでそこのやり方が異なってきます。

履歴

ブリーチ 2回以上

カラー頻度 2ヶ月に一回

縮毛矯正 一年前

お悩み

クセが強く 髪質が硬い

他店様で縮毛矯正を断られた

毛先までかけたい 

今後もブリーチをしていきたい

仕上がり

酸熱トリートメントでアプローチ

癖も収まり 自然なスタイルに完成した

今後も2〜3ヶ月の頻度で酸熱トリートメントをかけていく

酸熱トリートメントをかけるにあたっての豆知識

酸熱トリートメントには種類があります。

多くの他店様で使用されているレブリン酸の酸熱トリートメントはph 1〜3以下という強い強酸で使用されているため

髪の毛を固くしてしまったり キシキシにしてしまったりというデメリットがありました💦

しかし 当店で扱っている酸熱トリートメントはph ⒋5というほぼ弱酸性領域でかけられる薬剤を開発しました!!

これを使うことによって 酸熱のデメリットを解決することができ仕上がりの質感も瑞々しい艶やかな髪質に変わりました🙆‍♀️

↑ こちらは ph値をわかりやすく解説した図になります!

逆に言えば 他店様の縮毛矯正やカラー剤はアルカリ性の薬剤を使用しており 髪に負担を与えてしまう効果があります💦

ダメージケア方法

ここでお伝えしなければいけないのが酸熱トリートメントは” トリートメント”というワードを使っておりますが

ダメージケア補修をするものではありません。

わかりやすく言うと縮毛矯正よりもダメージを抑えてトリートメントが多く含まれている薬剤で真っ直ぐにすると思っていただけるといいかなと思います。

ですので 酸熱トリートメントをしたからケアはしなくていいと言うわけではないのです❌

では お家でのダメージケア方法をご説明して行きましょう!

ENORE シャンプー トリートメント

フォルムシャンプー トリートメント

こちらの二つのシャンプーがダメージケアに特化しています!

まとめ

酸熱トリートメントにも メリット デメリットがもちろんあります。

それを理解した上で自分に合った適切な施術内容で行っていくのがベストです!

その中でも 自分の髪にあった薬剤を使うことが重要ですので、わからないこと 相談したいことがありましたら

気軽にご連絡して頂ければと思います。

是非 美しい艶髪を目指し、私と一緒に髪質改善をして行きましょう ◎

ご予約はこちらまで ↑↑↑