[癖毛美容師が解説!!]メンズ縮毛矯正は自然にかけてノーセットで決まる!!

2022/12/04
[癖毛美容師が解説!!]メンズ縮毛矯正は自然にかけてノーセットで決まる!!

おはようございます!こんにちは、こんばんは!!

ENORE表参道店のらいさんこと荻野来輝と申します。

男性の皆さん!!このブログでは縮毛矯正をかけようと考えている方やかけている方に向けてお話していきます!

自然にかけれる縮毛矯正があります!!

縮毛矯正をかけている方、真っ直ぐすぎた経験ありませんか??

それ、お薬のパワーが原因かもしれません

一般的なお薬は、アルカリ性といわれるお薬が縮毛矯正では主に使われています。

アルカリ縮毛矯正の特徴

  • キューティクルを開いて薬を浸透させる
  • 髪の毛を柔らかくする
  • 髪の毛の結合をたくさん切る
  • パワーが強い

髪の毛はキューティクルと言われるかたい鱗で覆われています。

アルカリではその硬いキューティクルをはがしていきます。

さらに、お薬をつけていくと、5~10分くらいでか髪の毛がびよーんとのびていきます。

これを軟化といって、髪の毛の質感を変えていきます。

アルカリではこのように、髪の毛の質感をしっかり変えてお薬を浸透させていきます。

普段は硬い髪の毛がこのように質感が変わっていくと、負担がとても大きいです。

また縮毛矯正は髪の毛の結合を切ることで癖を伸ばすことが出来るのですが、アルカリだと必要以上に髪の毛の結合をきってしまうことにになります。

このようにパワーが強く、誰でも伸ばしやすいのですが、その分ダメージが強くかかってしまい、不自然な前髪、ピンピンの髪の毛になりやすいのです。

ENOREは縮毛矯正は弱酸性!!

特徴としては

  • キューティクルを開かずにお薬が浸透する
  • 髪の必要な結合だけ切る事が出来る
  • その人に合わせて薬剤を調整するので、ダメージ最小限
  • 柔らかく自然な質感

キューティクルを開かずにお薬が浸透する

アルカリでは無理やり開いていたのを弱酸性ではキューティクルを開かずにお薬を浸透させることができるので、ダメージレスでもあり手触りもツルツルになります。

髪の必要な結合だけ切る事が出来る

さらには癖をとるために必要な結合にのみアプローチが出来るので、かけた後時間が経っても

綺麗な状態を維持し続ける事が可能です。

その人に合わせて薬剤を調整するので、ダメージ最小限

弱酸性の最大の魅力はお薬を1g単位で調節出来ることです!

アルカリ剤では既に強さが決まっているお薬の中から選んでいきますので

かかりが悪かった

ダメージしてしまった

ということがよくあります。

ですが弱酸性であればお客様の髪質に合わせて1から作っていくので、最小減のダメージで縮毛矯正をかけることができます!

柔らかく自然な質感!!

弱酸性の縮毛矯正では、もともとの髪の質感を損なわずに施術していくことが可能なので、自然に縮毛矯正をかけることが出来ます!

弱酸性のデメリット

  • くせが伸ばしづらい
  • 料金が高い

くせが伸ばしづらい

弱酸性という優しいお薬を使っています。

ですので、慣れている方でないと癖を伸ばすのが難しいです。

料金が高い

弱酸性というお薬はアルカリに比べてとても高価ですので、料金が他店よりも高くなってしまいます。

ENOREは弱酸性縮毛矯正の専門店

エノアでは弱酸性縮毛矯正を専門的にに取り扱ってますので、そういったデメリットはございません!

ですので、安心して施術をしていただけると思います!

Q&A

Q.弱酸性縮毛矯正とストパーの違いはなんですか?

A.縮毛矯正は癖を半永久的にストレートに致します。ストレートパーマはパーマを落とす施術を意味します!

Q.縮毛矯正したけど、癖が残ってますが、髪質にあって無いのでしょうか?

A.縮毛矯正はかけてしまえば半永久的に真っ直ぐですので、癖が残っているようでしたら美容師側の薬剤選定や技術によりものです!

Q.縮毛矯正をかけたのですが、ぴんぴんになってしまいました。これを治すことは可能でしょうか?

A.1度かけてしまったところに再度かけてしまうと、さらに症状が悪化する可能性があるので、1度ご来店していただくか、伸ばしていくかの選択をオススメします。

最後に

縮毛矯正は自然にかけてあげることで、扱いがとてもしやすくなります。

是非とも弱酸性で縮毛矯正をかけていきましょう!