縮毛矯正後はセットしにくい?専門美容師が教えるセットしにくくならない縮毛矯正のかけ方。

2022/06/17
縮毛矯正後はセットしにくい?専門美容師が教えるセットしにくくならない縮毛矯正のかけ方。

こんにちは!

ENORE柏店スタイリストの大久保です

最近、サロンワーク中にお客様から

『縮毛矯正をかけるとセットしにくくなりませんか?』

とメンズのお客様からもレディースのお客様からもよくご質問頂きます。

今回のブログでは本当に縮毛矯正をかけるとセットがしにくくなる、何故セットしにくくなる印象があるのか解説していきます!

何故、縮毛矯正はセットしにくくなると言われているのか!?

ピンピンになってしまうから

縮毛矯正をすると巻けないと思われている方も多いですが、そのイメージは昔のめちゃくちゃ強い縮毛矯正でピンピンになっていた頃のものだと思われます。

今の縮毛矯正でもピンピンになって巻きづらい事もあるかもしれませんが、柔らかく縮毛矯正をかけてくれる美容室では、全然巻きにくい事なく巻けます!

特にENOREオリジナルの弱酸性縮毛矯正は柔らかく縮毛矯正をかけられるのでセットしにくい事も少ないのでお勧めです♪

ご予約は下の↓↓バナーから!

https://869502.b-merit.jp/H5acjt/web/reserve2/?action=stylist&no_menu=1&redirect=1

price 

縮毛矯正カット ご新規様 16000円

縮毛矯正カット 通常 20500円

ダメージによって乾燥してるから

もう一つのセットしにくいと感じる原因の一つはダメージによる毛先の乾燥にあるかもしれません。

髪は髪の中の水分量がしっかりあるとアイロンを通した時、癖を綺麗に伸ばしやすく、艶が出やすいです。

縮毛矯正をかけている方は強くダメージをしている為、毛先が乾燥しがちです。乾燥しててアイロンの効きが悪いからと温度を上げて更に傷んで更に乾燥している状態のお客様が多いです。

縮毛矯正をかけている方は艶々になると勘違いして、毎回毛先まで縮毛矯正をかけている方もいます。そうなると髪がチリチリになりそうなほどダメージを受けてセットしにくくなるというケースも多いです。

どうすればセットしにくくならないのか。

ピンピンにならない縮毛矯正をかける

ピンピンになってしまうとかなりセットが難しくなってしまうので、弱酸性の縮毛矯正や柔らかくかけられる縮毛矯正をかける事がお勧めです♪

過度なダメージを防ぐ

これは髪のダメージを全体的に気にしなくてはいけません。特にアイロンを180°などの高温で毎日使用するのは避けましょう。美容室に行ってもどうにもならないレベルの乾燥毛、ダメージ毛になってしまいます。

縮毛矯正を毎回毛先までかけない

これがダメージやピンピンのセットしづらい髪になっている原因の方がとても多いのです。

縮毛矯正を髪を艶々にしてくれるものだと思っている方が多いのですが、単純な原理で言えば髪にダメージを与えて無理矢理真っ直ぐにしているだけなので前回部分に癖が出ていない限り一回縮毛矯正をかけた部分はもう一度縮毛矯正しないで下さい。ただ、ダメージするだけです。

逆にそれでダメージして、毛先が広がって癖が出てると勘違いしてかけてしまっている方も多いです。

毎回縮毛矯正を毛先までかけていると修正不能なダメージを負う事もあるので本当にお気をつけ下さい。

Q &A

Q.今度結婚式があるのですが、直前に縮毛矯正をかけてしまうとセットなどしにくいと聞いた事があるのですがやめた方が良いでしょうか??

A.アップスタイルなどのセットはどうしても縮毛矯正がしっかりかかっていると取れやすかったりそもそもセットがしにくかったりします!

ただ、縮毛矯正しないと癖が気になると思うのでアップにしない前髪だけ縮毛矯正しても良いと思います!

Q.縮毛矯正した日にセットしても良いですか!?

A.セットをする事自体は問題ありませんが、家に帰ってシャンプーしなきゃいけないのが問題になります。髪が濡れている状態が短くなるように極力直ぐに完全に乾かして頂ければ大丈夫です!

まとめ

縮毛矯正をかけてもセットしにくくなるのを防ぐ為には

・ピンピンにならないように柔らかく縮毛矯正をかけられる専門の美容室などに行く。

・過度なダメージはセットしづらくなる原因なので、アイロンの温度は140〜160度で使い、縮毛矯正を毛先までかける事は極力控える。

お悩みの方は大久保をご指名の上ご予約下さい!

ご予約は下の↓↓バナーからお願い致します!

https://869502.b-merit.jp/H5acjt/web/reserve2/?action=stylist&no_menu=1&redirect=1