『こけし』にならない!縮毛矯正でオシャレなボブの作り方

2022/06/10
『こけし』にならない!縮毛矯正でオシャレなボブの作り方

こんにちは。髪質改善と縮毛矯正が得意な美容院ENORE(エノア)です。

本日は「こけし」にならない縮毛矯正でオシャレなボブの作り方についてお話ししていきますね!

縮毛矯正でくせ毛を伸ばして可愛いボブにしたかったのに

「!?!?」

「こけしみたいで全然可愛くない、、。」

実際にそんな失敗したり、失敗しそうでボブに出来ない、、。そんな方結構多いのではないでしょうか?ですが、実は縮毛矯正をしてもオシャレなボブにするポイントがあるんです!ということで今回は

・「縮毛矯正×ボブ」によくあるお悩みと失敗

・縮毛矯正でオシャレなボブにするためのポイント

・「縮毛矯正×ボブ」のおすすめヘアスタイル

・ボブのお手入れとスタイリング方法

のラインラップでご紹介していきますね!是非最後までご覧ください!

目次

「縮毛矯正×ボブ」によくあるお悩みと失敗

縮毛矯正をした髪でボブにすると多い代表的な失敗やお悩みは4つあります。

例1:毛先がはねる

ボブはつむじによる毛流れの影響や長さによっては肩に当たるので毛先がはねやすい!物理的にどうしてもそうなってしまいやすいので、出来るだけはねないように

・肩にあたらないような長さのボブにする

・髪を乾かすときに根元からしっかりこする

・はねてしまったらストレートアイロンでスタイリング時に修正

など工夫するのがおすすめです。

例2:髪が痛んで広がる。まとまらない。

縮毛矯正をするとどうしても髪が傷んでしまいます。そしてダメージが強い程髪が広がり、まとまらなくなってしまいます。ボブは髪が広がってしまうとかなり気になりやすい髪型ですから大きなお悩みですよね、、。ですが、ダメージの度合いは「使用する薬剤」と「美容師さんの技術力」で大きく左右されます。なので、ダメージレスな縮毛矯正が出来る美容院と美容師さん選びをしっかりしましょう!酷くダメージしてしまうと最悪この様に↓

チリチリになってしまう事もありますから、絶対に避けたい失敗ではありますね、、。

例3:こけしみたいなボブになってしまいおしゃれに見えない

ボブヘアは髪が短い分、縮毛矯正をした髪独特のピーンと針金の様な質感が出やすく、こけしの様なパッツンとしたボブになりやすい、、。くせ毛がまっすぐに伸びても、ヘアスタイルとしてイマイチだと悲しいですよね、、。

例4:根元が潰れてぺったんこになってしまった

一般的なアルカリ性の縮毛矯正をすると薬剤のパワーが強すぎて不自然な仕上がりになりやすい、、。毛先の針金の様な仕上がりだけではなく、根元のボリュームもぺったんこになってしまい「禿げたのでは!?」と錯覚してしまうほど

縮毛矯正してる髪でもオシャレなボブに!5つのポイント

先ほどご紹介した失敗やお悩みをを回避してオシャレなボブを手に入れるためにはまず、

第一段階で「自然でオシャレな仕上がりにするためのベース作り」

・弱酸性縮毛矯正で自然な縮毛矯正をかける

・縮毛矯正をした髪に合わせたカットをする

・染めれる方はヘアカラーで柔らかい印象に

第2段階で「ベースを活かしたスタイリング」

・毛先にさらに丸みや動きが欲しい方はストレートアイロンで毛先を丸める

・スタイリング剤にトリートメントを混ぜてツヤと動きのあるスタイリング

この2つの段階と5つのポイントを押さえる事が大切です!

①「弱酸性縮毛矯正」で自然に縮毛をかける

縮毛矯正をかけた時点で「針金のような毛先」「ぺったんこな根元」の様に不自然に髪を伸ばしてしまうとどんなに頑張ってもオシャレなヘアスタイルにするのは難しいです。出来たとしてもスタイリングが大変、、。

なので、縮毛矯正をする時は

・自然なストレート

・根元もつぶれない自然なふんわり感

・もっちりと弾力のある柔らかい仕上がり

・なめらかな手触りと艶

・ダメージが最小限に抑えられる

弱酸性縮毛矯正」で縮毛矯正をする様にしましょう。

↓弱酸性縮毛矯正とは?

また、クセが弱い方は

↓「弱酸性酸熱トリートメント」にしたり

↓クセが気になる前髪や顔まわりだけの「部分縮毛矯正

をして出来る限り縮毛矯正をする範囲を狭くすることで、より自然な仕上がりを目指すのもおすすめです。

②縮毛矯正した髪に合わせたカットをしてもらう

パツンとなりやすい縮毛矯正をした髪は、その髪の特徴を理解してそれに合わせた毛先を柔らかに馴染ませるカットをしてもらいましょう。普通のカットとはまたコツが違うので「縮毛矯正+カット」メニューをよく行なっている美容師さんにお願いするのが◎

③ヘアカラーで柔らかい印象に

もし、ヘアカラーも出来る方は特に「ベージュ系」や「アッシュ系」などの透明感のあるカラーに染めることで髪を柔らかく見せ、こけし感を和らげる事も出来ます!もちろん他のお色でも真っ黒でなければ髪に柔らかさが出て効果がありますよ!

④毛先にしっかりと丸みや動きが欲しい方はヘアアイロンを使用

毛先により自然な丸みや、外ハネボブの様に動きが欲しい方はヘアアイロンで動きをつけるとより自然な仕上がりに。髪への負担もありますが弱酸性縮毛矯正で髪のダメージを抑え自然に縮毛矯正出来ているので、一般的な縮毛矯正よりも髪の良い状態がかなり保ちやすく仕上がりも馴染みます。

⑤適度にセット力のあるワックスに洗い流さないトリートメントを混ぜてスタイリング

最近のボブヘアは艶感、束感のあるカジュアルな仕上がりが特に人気ですから、スタイリング剤にトリートメントを混ぜてスタイリングをし仕上げてあげるとよりオシャレな印象に!

自然な仕上がりが好きな方はシアバターなど保湿力があるけど、セットした感の出ないスタイリング剤を毛先に揉み込み仕上げるのがおすすめです。

(最後にご紹介する「お手入れとスタイリング方法」でおすすめのスタイリング剤やオイルトリートメントご紹介しています!)

「縮毛矯正×ボブ」おすすめヘアスタイル5選

大人のカジュアルボブ

前髪長めの前下がりボブはアッシュカラーで透明感と軽やかさをプラス!毛先に軽く丸みをつけてラフにスタイリングすれば完成です。前髪の立ち上がりが縮毛矯正をすると少し作りづらいので、クセが弱い方は「弱酸性酸熱トリートメント」を選ぶのも◎

「オン眉バング×黒髪」でピュア可愛いショートボブ

黒髪ボブは重くなりがちなので、前髪を浅めにとってシースルーな質感と短めのオン眉バングの組み合わせで顔まわりに抜け感を出すのがおすすめ。一気にオシャレで可愛らしい印象に。

切りっぱなしボブは艶のある明るめカラーで

切りっぱなしボブはこけしみたいな仕上がりになりがち。なので、カラーで柔らかな印象をプラスしましょう!ブラウンカラーにパープルをブレンドした艶カラーは明るめでも髪を綺麗に見せてくれます。

ナチュラルボブで飾りすぎない自然なかわいらしさを演出!

眉ラインの可愛らしい前髪とシンプルな前下がりボブスタイルはアッシュブラウンで年代問わず好印象な仕上がり!ですが、自然にそのまま仕上げるのではなく、少しセット力のあるスタイリング剤を使って束感を出したスタイリングをするのがワンランク上のオシャレポイントです。

ポイント外ハネで簡単オシャレボブ

外ハネを毛先全体にするのではなく、耳より後ろの毛先は軽い内巻き、耳より前の顔まわりの毛先は外ハネするようにアイロンを入れるのがポイント!毛先全て外ハネにするよりも髪がまとまって見えるので髪がより綺麗に見えやすいんです。スタイリング剤は艶感と濡れ感がしっかり出るタイプの仕様がおすすめ!

お手入れ・スタイリングの仕方

縮毛矯正した髪はダメージし、痛みやすく、そして乾燥しやすくなってしまっています。

そんな髪の状態に合わせてホームケアをしてあげないと、髪は艶のある良い状態を保てず時間が経つにつれて毛先からバサバサになっていってしまいます。そこで縮毛矯正した髪のホームケアは

「高保湿」「高い毛髪補修力」「ダメージレス」の3つを意識するようにしましょう!

特にこれからご紹介する4つのホームケアを実践すると効率よくケアする事が出来ます(^^)

(エノアでおすすめのヘアケアグッズも紹介していきますので、是非参考にしてくださいね!)

①シャンプーはアミノ酸シャンプーで優しく洗う

縮毛矯正した髪に合わないシャンプーを使ってしまうと、髪を大きく痛めてしまい、バサバサになってしまいます。シャンプーは髪のベースを作るために最も大切なホームケア!トリートメントよりも髪の状態を左右するので、全部始められない、、という方はまずシャンプーからホームケアを見直してみましょう。

そして縮毛矯正におすすめのシャンプーは「アミノ酸シャンプー」です。

高品質なアミノ酸シャンプーは洗浄力がマイルドで髪を優しく洗えるだけではなく

高い「保湿効果」高い「毛髪補修効果(トリートメント効果)」

があります。髪へのダメージレス、ダメージケア、保湿3つが同時に出来るんです!

なので是非アミノ酸シャンプーで髪を洗うようにしましょう。

↓アミノ酸シャンプーについて解説記事

↓エノアのおすすめアミノ酸シャンプー

↓縮毛矯正専用シャンプー

髪が剛毛で広がりやすく、しっかりまとまるようにしたい方はこちらの縮毛矯正専用シャンプーがおすすめです。

↓シャンプーで髪の正しい洗い方

②トリートメントは髪に優しい保湿成分&補修力の高いものを

洗い流すトリートメント、洗い流さないトリートメントはどちらも縮毛矯正している髪に必要!

ダメージケアと保湿の為に是非やっていただきたいホームケアです。

ただトリートメントもコーティング力が強すぎて髪を大きく痛めてしまう原因になってしまいますので、

・髪の内側をメインでしっかり補修してくれる

・保湿成分は「リピジュア」「フコイダン」など髪に優しい物を使用している

この2つに注意して選びましょう。

またトリートメントはやればやる程 髪に良いわけではありません。過度なトリートメントは髪をダメージさせてしまいますので、使用方法に従って適度に行いましょう。

↓おすすめトリートメント

「洗い流すトリートメント」

「洗い流さないトリートメント」

↓髪質改善とトリートメントの関係について

③髪を洗ったらすぐに乾かす

お風呂やシャワーの後、髪が濡れているままにしてしまうと髪はかなりダメージしますし、ボサボサなまま乾いてしまいます。ヘアケアだけではなく、ヘアスタイルの仕上がり自体に影響してしまいますので、髪を洗ったらすぐに乾かすようにしましょう!

④お出かけ前に髪を守るトリートメントも忘れずに

お出かけ時も髪は紫外線や乾燥でダメージしてしまいます。特に縮毛矯正をした髪は繊細な痛みやすい状態ですから、ダメージから守ってあげるのがおすすめ!

スタイリング専用のオイルなどを使って髪が傷まないように守ってあげましょう。

↓おすすめオイルトリートメント

〜ボブのスタイリング方法〜

①洗い流さないトリートメントを付ける

髪が乾燥しやすくなっているので毛先に洗い流さないトリートメントをつけます。

この時に寝癖がついていたら、先に根元からしっかり髪を濡らしておきます。

②しっかり乾かす!

寝癖が付いていて髪を濡らした場合は、髪をしっかり乾かしましょう。

(寝癖がついていなかったら、①の洗い流さないトリートメントをつけるだけでOKです!)

③毛先に動きを付けたい方はストレートアイロンで丸みを付ける

毛先に動きを付けたい方はストレートアイロンで丸みを付けるのがおすすめ!カールアイロンよりもやりやすいですよ。(外ハネスタイリングの場合もここで外ハネを作りましょう!)

※しっかりとしたウェーブを出したい方はカールアイロンを使用してください!

④「スタイリングオイル+スタイリング剤」で仕上げ

スタイリング剤にスタイリングオイル(混ぜる量はお米〜小豆サイズ)を少し混ぜてあげてから、手のひらに伸ばし毛先に揉み込んでスタイリングすれば完成です!↓

スタイリングオイルを少し混ぜる事で保湿と艶感がアップします(^^)

↓おすすめスタイリング剤

「ツヤ感がしっかり欲しい」

「束感と適度なセット力が欲しい」

↓おすすめスタイリングオイル

まとめ

いかがでしたでしょうか?

「縮毛矯正×ボブ」のヘアスタイルも

・自然でオシャレな仕上がりになるためのベース作り(縮毛矯正、カット、カラー)

・ベースを活かしたスタイリング

をしてあげれば、こけしの様にはならずオシャレで可愛いボブのヘアスタイルを楽しむことが出来ます!なので是非!試してみてくださいね!

もし分からないことがありましたら、エノアスタイリストまでお気軽にご相談ください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事が皆さんのお悩みを解決するきっかけになれば嬉しいです!

ENORE 柏店
ENORE 柏店
千葉県柏市明原1-2-2
TEL:04-7140-0716
定休日:年中無休
[平日/土日祝]10:00 - 20:00
ENORE 銀座店
ENORE 銀座店
東京都中央区銀座4-13-18-2F
TEL:03-6264-0214
定休日:年中無休
11:00 - 21:00 [ 平 日 ] 10:00 - 20:00 [ 土日祝 ]
ENORE 青山店
ENORE 青山店
東京都渋谷区神宮前3丁目11番地7
TEL:03-6447-0904
定休日:火曜日
[平日]11:00 - 21:00 [土日祝]10:00 - 20:00
ENORE 表参道店
ENORE 表参道店
東京都港区南青山3丁目3-16IQビル2F
TEL:03-6804-2990
定休日:火曜日
[平日]11:00 - 21:00 [土日祝]10:00 - 20:00