縮毛矯正メンズセンターパート徹底解説!!

こんにちは!ENORE銀座店スタイリストの山下です!
今流行りのメンズのスタイルといえば束感モリモリというよりかは、サラサラマッシュやサラサラセンターパートのノーセット風が流行っていますよね。
今回は縮毛矯正を使って癖毛の方でも作る事ができるサラサラセンターパートを紹介していきます!
縮毛矯正という響きとフレーズに抵抗感のある方も少なくはないはず、、、
そこで自然さ抜群で艶々サラサラの髪にするにはどんな縮毛矯正をしたらいいのかを紹介していきます!
早速いきましょう!!!

そもそも縮毛矯正とセンターパートの相性は良い?悪い?


縮毛矯正とセンターパートの相性はメンズのスタイルの中でも抜群に相性の良いスタイルです!その理由はメンズスタイルの髪型ほとんどが短いベースの為、どうしても新しく生えてくる髪の毛に影響されてリタッチ周期が短くなり維持も少し時間を費やします。
しかしセンターパートなら髪の毛は長めで重さを残す為、新しく生えてくる髪の毛に影響されにくいのです! 
その点を踏まえると維持がしやすく、伸びてきても簡単に決まりやすいスタイルといえます!

艶々サラサラになる縮毛矯正とは?


結論から言いますと、弱酸性という薬剤に艶々サラサラになる秘訣が隠されています。
よくテレビCMなどで目にする弱酸性は肌や髪の毛と同じ性質で、髪の毛に使用してもダメージが少なくキューティクルに過度な傷を付ける事がございません。つまり弱酸性の縮毛矯正なら真っ直ぐになった時キューティクルが健康的な状態なので艶感と質感が地毛と見分けがつかないくらい自然な髪の毛にすることができるのです!

一般的な縮毛矯正とは?


全国の95%を占める割合で縮毛矯正に使われる一般的な薬剤がアルカリです。
アルカリは肌や髪の毛と真逆の性質で、薬剤を髪に着けるとキューティクルを破壊しながら浸透していくのが特徴です。
その為縮毛矯正で真っ直ぐになった時、ザラザラとした質感やダメージを感じる事が多いのがその理由です。

弱酸性のメリット


ダメージが少ない
髪の毛に艶感が出る
自然に真っ直ぐするから違和感が無い

弱酸性のデメリット


全国でも取り扱う店舗が少ない
ピーンと針金のようなストレートには出来ない
薬剤の扱いがとても難しい

アルカリのメリット
全国でも取り扱う店舗が大半
薬剤のパワーが強い為、ピーンと針金のようなストレートにできる

アルカリのデメリット
ピーンと針金のような仕上がりになる為、不自然と感じやすい
肌や頭皮が弱い方には刺激物になる
薬剤のパワーが強すぎる

まとめ


くせ毛の気になる方がサラサラセンターパートを目指すなら、弱酸性縮毛矯正がオススメです。
ダメージレスで持ちも良く地毛と見分けのつかない質感が圧倒的自然です!
くせ毛のメンズさん数多く担当していますので、是非1度ご相談ください!(instagram:kai_yst)

Q&A


Qカットは縮毛矯正をする前?した後?
Aカットは縮毛矯正をした後にするのがベストです!くせが出ている状態でカットをすると量を取りすぎてしまう為、その状態で髪が真っ直ぐになると量が少なく感じます。

Q縮毛矯正のモチはどのくらい?
A縮毛矯正をかけた部分が取れることはございません。ただし根元から生える新しい髪の毛に影響される為、メンズさんだと3ヶ月に一回程のリタッチが必要となります。

Q怖くて縮毛矯正に手を出せません。。。
縮毛矯正専門店であるENOREはお客様の髪の毛をみて、かけるべきかそうで無いか適切な判断をしてカウンセリングしています。
どうなりたいかイメージを共有させて頂き、ご相談だけでもお待ちしています!