30代過ぎてから、髪のパサツキ、広がりを抑える方法とは?

こんにちわ!柏のママ美容師酒巻明美です。

髪の悩みは、どの年代も共通ですね。髪がパサパサ、広がっているだけ年齢より老けて見えたりしますよね。

髪次第で女性は変われるので今回のコラムでは、パサツキ、広がりの原因を皆様にお伝えできたらなと思ってます。

最後迄、読んで頂けたら幸いです。

パサツキ、広がりの原因とは?

髪の乾燥によるダメージ

最近、なんだかパサパサしてきて、中間から毛先の広がりが気になると、お客様からお話しを受けたりします。

髪のパサつき、広がりは普段何気なく生活してるだけでも髪にダメージを与えてしまいます。

髪のパサツキ、広がりを少しでも改善したいと考えてる方は、ヘアケア商品の見直しと髪を洗った後は髪の毛をしっかり乾かすという希望の見直しをしていただくだけで髪は、確実に変化していきます。

毎日、忙しいと思いますがパサパサな髪の毛とさよならしたいと考えてる方には、頑張って頂きたいです!

髪の癖による広がりを抑えるには、弱酸性縮毛矯正がおすすめです。

30代の広がりの原因は加齢による広がりより髪本来の癖による原因が多いと思います。

髪の癖を抑えるには、弱酸性縮毛矯正をお勧めします。

なぜ弱酸性縮毛矯正が良いかというと、癖による広がりは、温度差、湿度でヘアスタイルが変化してしまうので弱酸性縮毛矯正をかけておけば、ストレスなく生活出来るのでお勧めです。

あと、アルカリの縮毛矯正と違い弱酸性縮毛矯正は、毛先をコテで巻いたりブロー出来たりするので良いと思います。

弱酸性縮毛矯正のビフォーアフター

弱酸性矯正の施術をするだけでヘアスタイルが見違える程、変化します。

髪は確実に乾かす。

30代前後の方は、毎日仕事に家事に子育てに自分の為に使う時間が取りずらかったりすると思います。

私自身、そんな時ありました。髪を乾かす時間が勿体無いって思う時期だと思いますが、のちのち乾かせば良かったと思う時がくると思います。後で髪を乾かせば良かったと思いたくないと思うので、毎日髪を洗った後は洗い流さないトリートメントを付けてドライヤーで髪をしっかり乾かして下さいね!

Q and A

Q 、 髪の広がりを抑えるには、どのようなヘアケア商品を使用したらよろしいですか?

髪の広がりをどのように抑えていくのが良いのか?皆さん悩みますよね。

定期的にサロンでメンテナンスしていても自宅で使用するものでサロンでケアした髪が台無しになるので、私は担当のスタイリストと相談しながらヘアケア商品を探すのが1番良いと思います。

まとめ

どの年代も髪の悩みは尽きないと思いますが、30代前後になると髪の毛のまとまりが非常に気になったりすると思います。

そのパサツキ、うねり、広がりをどのようにしたら抑えられるのかがコラムを読んで理解していただけたら幸いです。

毎日の積み重ねが将来の美髪を作ってると思っていただけたら、油断できないと思います。

素敵な40代50代になる為に頑張りましょう!

最後迄、読んで頂きありがとうございました!

ENORE柏  酒巻 明美