縮毛矯正やブリーチで起こってしまったビビリ毛の対処法と予防策

こんにちは ☀︎

ENORE青山店 スタイリストの相楽瑞月 (さがらみづき)です!

今まで縮毛矯正やブリーチで髪がビビリ毛(チリチリ)になってしまった経験はございませんか❓

ビビリ毛(チリチリ)になってしまう要因は髪の毛へのダメージ負荷が大きすぎて

髪内部で大爆発が起きてしまったことです。

正直大爆発が起きてしまった髪の毛を100%治すことはできませんが対処することと

予防することは可能です。

じゃあどうしたらいいの❓って言う方に向けて

今回は縮毛矯正やブリーチで起こってしまったビビリ毛への対処法 + ビビり毛にならない為の予防策について書いて行きたいとたいと思います◎

対処法 その1 定期的なトリートメントケア

トリートメントとは髪の毛に栄養を与えるものをいいます。

つまりダメージケアに繋がります!

まずビビリ毛の対処法は定期的にダメージケアつまりはトリートメントが必要になってきます!

お店によってトリートメントの方法は異なりますが

当店では 架橋式髪質改善トリートメントというものを行なっていきます!

架橋というのは その名の通り架ける橋とかいて5種類のトリートメントを化学反応の力を使って

繋げるようにトリートメントしていくものです◎

そしてさらに浸透率を上げるために超音波アイロンというものを使用して行きます✨

最近流行りの超音波アイロンですが皆様そのシステムをご存知ですか❔

超音波アイロンというものは1秒間に100万回振動するもので、熱ではなく振動によって髪の中に栄養分を浸透させていくものになっております。

ですので トリートメントの持ちがよく 定期的にやっていただけることで髪の毛の内部が強化され、はりこしのある艶やかな髪にすることができるのです!

ここで重要なのは トリートメントはあくまでトリートメントですので100%ダメージを治すことができません。

後トリートメントでケアしたとしても髪にさらなるダメージを与えてしまうとトリートメントの効果が薄れたり、トリートメントを頑張ったとしても効果が効きにくくなったりするのでいかにダメージを抑えて施術するかが重要なのです⚠️

ダメージの度合いにもよりますが ビビリ毛になってしまった方には月1くらいのペースでトリートメントすることをお勧めします!

対処法 その2 傷んだところをカットする

傷んだところをカットする。

これが一番早い対処法です◎

何よりダメージというのはどんどん広がっていくものになっています。

わかりやすく言うと枝毛がさけるように、健康な髪の毛にもダメージを与えてしまう恐れがあるのです💦

これは毛先がダメージを受けた場合なのですが根本から傷んでしまった場合 中間から傷んでしまった場合は

カットにも限度があるので切れる長さまで地道に伸ばしてきれるようになるまでケアをしていく必要があります。

ビビリ毛にならないための予防策とは❔

何よりビビリ毛になってしまう原因は 美容室の薬剤です。

つまり 美容室選びがとっても大切になってきます!!!

美容室によっては使っている薬剤が全然異なってくるので、まずダメージを抑えるなら弱酸性系のお店を選びましょう🙆‍♀️

弱酸性の良さは、肌と髪に優しい性質なので 通常の薬剤の約4分の1以下に抑えられると言われています!

髪の毛を守るためにもいかにダメージを与えないで施術していくかが大事ですので弱酸性のお店を探しましょう◎

まとめ

まず 私にご相談ください!!!!

ダメージを与えない施術をさせていただくのとダメージが既にかかってしまったところには全力でケアをさせていただきます!

私と一緒に髪質改善をし 綺麗な艶髪を手に入れましょう 🌹