縮毛矯正専門店と普通の美容室の縮毛矯正って何が違うの?2つの大きな違いを徹底解説します! 

2022/04/01
縮毛矯正専門店と普通の美容室の縮毛矯正って何が違うの?2つの大きな違いを徹底解説します! 

美容室ENORE柏店のサリーこと大久保純平です!

皆様、縮毛矯正をかける時にどんなお店が良いか検索をしてますか?

縮毛矯正をかける上で専門店でかけるのと普通のお店でかけるのではかなり大きな差が出ます。

今、縮毛矯正の専門店を検索している方は大正解です!笑

このブログでは縮毛矯正の専門店は普通のお店と何が違うのかどんな事をしているのかを

徹底解説していきます!

薬剤が豊富

縮毛矯正の専門店には色んな髪質に対応する為様々な種類の薬剤が置かれている事が多いです。普通の美容室だと縮毛矯正のお客様の割合がかなり少ない美容室も多いです。

需要がないとそのメニューの薬剤に力を入れる事が難しいので種類が限定され、必然的にお客様一人一人に合わせた薬剤の選定が出来なくなります。

処理剤が豊富

処理剤というのは縮毛矯正やカラーをする上で質感の向上や施術のクオリティアップの為に使われる補助剤みたいなものです。

これも縮毛矯正においてはとても大切で、前述した理由で普通のお店には置けないものが専門店には置いてある事が多いです。

経験が豊富

何よりも普通のお店との違いはこれが1番大きいです。少ないお店だと月に5人しか縮毛矯正のお客様が来ないお店もあります。

ENOREでは、1人のスタイリストが1日に担当する縮毛矯正のお客様が5人前後です。

縮毛矯正は理論も大切ですが感覚や経験則がとても大切になります。

普通のお店の歴20年のオーナースタイリストより専門店の新人スタイリストの方が縮毛矯正が上手なんて事もあります。

専門店はそれくらい施術しているお客様の数が多いので、新人スタイリストからベテランまで経験数が豊富です。

縮毛矯正の失敗は取り返しがつかない

何故、私がこのようなブログを書いたかと言うと、縮毛矯正の失敗は取り返しがつかないからです。例えば、一度縮毛矯正を失敗してから専門店に来ても一度痛んだ髪は二度と戻らないのでどうしようもないのです。

専門店だから失敗がゼロかと言われるとそうではないのですが、失敗される可能性はかなり低く出来るのでご検討頂けると嬉しいです♪

ENOREの縮毛矯正は何が違うのか

沢山のお店がある中でもENOREの縮毛矯正は、オリジナルの薬剤を使った弱酸性縮毛矯正が特徴です。向き不向きはありますが、髪の状態を極力悪くしないよう最低限のダメージでかける事が出来ます。

下の↓↓バナーから大久保を指名の上ご予約下さい!

https://869502.b-merit.jp/H5acjt/web/reserve2/?action=stylist&no_menu=1&redirect=1

price 

縮毛矯正カット→19250円

新規クーポン→16000円

まとめ

このブログを纏めると専門店と普通のお店の違いは

・薬剤の種類の違い

・処理剤の違い

・経験数の違い

これが縮毛矯正をする上ではとても大切です。縮毛矯正専門店じゃなくてももちろん凄い美容師さんは沢山いらっしゃいますが、そのような美容室や美容師さんを見つけるのは意外と難しいです。

専門店には普通のお店にはないものが沢山あるので悩まれている方は是非大久保までご相談下さい!