『メンズ前髪縮毛矯正』成功させる3つの秘訣

2022/01/31
『メンズ前髪縮毛矯正』成功させる3つの秘訣

こんにちは!

ENORE銀座店メンズ縮毛矯正スタイリスト山下です!

前髪の癖毛が気になるけど、縮毛矯正ってぴーんのとなるイメージだったり、不自然になってしまうイメージが強いですよね。

特に前髪が1番不自然になってほしくないポイントですよね。

僕も元々そうでした!昔縮毛矯正をかけたいと思った事がありましたが、なかなか怖くて踏み出せなかった経験があります。

当時は縮毛矯正といえばどれも不自然に仕上がってしまうという印象でしたが、実はそうではないのです。

そこで前髪の癖毛が気になっていて真っ直ぐにしたいけど、不自然な仕上がりになりたくないという方向けに、縮毛矯正で自然な前髪に仕上げる秘訣を紹介致します!

✅縮毛矯正が不自然なってしまう原因

①薬剤が強すぎる

縮毛矯正をかけるときに使用される薬剤というのは基本的に9割がアルカリ性になります。アルカリ性の最大のメリットはくせ毛をしっかりと伸ばす事が出来るのですが、そっ一方で伸びすぎてしまいシャキーンとした不自然さが気になることが多いです。

②髪の毛に合わない薬剤を使用されてしまう

縮毛矯正は髪の毛のくせ毛の状態や髪質を見て、使う薬剤の強さを選定していきます。

基本的な一般の美容室の縮毛矯正をかけるお客様の割合は全体の1割未満ということもあり、縮毛矯正を専門としていない美容室ではしっかりかかるようにと気持ち強めの薬剤を選定されてしまう場合が多いのが現状です。

③髪の毛のダメージ量が高すぎる

縮毛矯正は髪の毛の体力を使ってかける施術なので、髪の毛に元々のダメージが蓄積してしまっていると綺麗にかからなかったり

、かかったものの逆にパサパサや不自然さが気になったりと事故か多くなってしまいます。

自然な前髪縮毛矯正を叶えるには?

真っ直ぐだけど艶感が合って、なるべく自然な縮毛矯正にしたいという方には弱酸性縮毛矯正がオススメ!

弱酸性は髪の毛や肌が1番健康で居られる状態の成分。

という所からも優しい薬剤という印象が伝わるかと思いますが、更に縮毛矯正をかけるにあたって大事なのは髪質にあった薬剤を付けて施術するという所です。

つまり弱酸性の薬剤はお客様の髪の毛1人1人に合わせた薬剤をその場で調合して、自然にかけたい理想の状態を作り出すことが出来ます。

まとめ

メンズさんで迷っている方はまず、相談だけでもいらしてください!!

メンズ縮毛矯正をメインに担当しているスタイリスト山下が髪の毛の状態を見ながら一緒に悩んで相談していきましょう。

インスタグラム 

@kai_ystで検索していただき、DMからご相談、ご予約等承っています!

ぜひ気軽にお問い合わせください^^