必見!縮毛矯正を失敗されたらかけ直しは出来るの??

2021/11/08
必見!縮毛矯正を失敗されたらかけ直しは出来るの??




こんにちは!

ENORE青山店のれおです!


今回は縮毛矯正のかけ直しについて記事を書かせて頂きます!


縮毛矯正に失敗した時にどうしたら良いのか?かけ直せるのか?

という疑問についてお答えしていきますので是非最後までご覧ください!



1. 縮毛矯正の失敗例2つ


縮毛矯正が上手くいかなった時の例は大きく分けて2つあります。

① 縮毛矯正がかかり過ぎてしまった

髪の毛には 体力 が存在します。

これは人によって違いますし、同じ人でも年齢や、前髪と襟足でも大きく違います。

根本から生えてきた瞬間が100%だとすると、普段のアイロンやドライヤー、紫外線によって少しずつ減っていきます。

美容院でカラーや縮毛矯正、パーマを行うと体力が大幅に減ることもあります。


こうして体力が減っていた髪の毛に強い縮毛矯正をかけると、、、

パサパサと乾燥したようになってしまったり、チリチリになってしまったり、最悪の場合髪の毛が切れてしまったりします。

特に縮毛矯正を一度かけた場所にもう一度かけた時や、ブリーチをした髪の毛に縮毛矯正をかけた時に起こりやすいです。

② 縮毛矯正のかかりが弱かった

これは分かりやすいかと思います。

縮毛矯正をかけたけれど癖が伸びなかった、伸びきらなかったという状態です。

①で説明した髪の毛の体力に加えて癖にも 体力 が存在します。

基本的にゆるーくうねる方よりもバネのようにぐるぐるになる方が癖の体力はたくさんあります。

また、細い髪よりも太い髪の方が体力はたくさんあります。

そのほかにも柔らかかったり、硬かったりでも変わってきます。


縮毛矯正ではいかに髪の毛の体力を削らずに癖の体力を削るかがポイントになってきます。



2 . 失敗したらどうすれば良いのか?


では縮毛矯正を失敗されてしまったらどうすれば良いのでしょうか?


① かかり過ぎて髪の毛が傷んでしまった場合


この場合だと美容院でのトリートメントや、ご自宅でのケアが大切になってきます。

これらも選び方によってはダメージを加速させてしまう場合もあるので、慎重に選びましょう。


まずは美容院でプロが選んだシャンプーやトリートメントを使うのが一番好ましいです。

インターネットで高いシャンプーを選んでもお客様の髪の状態にマッチしていなければ最適とは言えないからです。

また、髪の毛の扱いにも十分に注意する必要があります。

がしがしとシャンプーをしたり、タオルで拭いたり、くしで無理矢理とかしたり、高温でアイロンをするのはNGです。

美容院でトリートメントをする場合でも髪の毛の状態をしっかりと判断することが重要になります。


それでも改善できないほど髪の毛が傷んでしまった場合には傷んだ部分のカットが必要になる場合もあります。


② かからず、癖が残ってしまった場合


この場合では縮毛矯正のかけ直しが必要になります。

ただ髪の毛の状態によってはかけ直すことができない場合もあり、
無理にかけ直すと①の状態になる可能性もあるので注意しましょう。

縮毛矯正のかけ直しは難易度が高く、断られる場合もありますので縮毛矯正が得意な美容師さんに任せるのがおすすめです!



まとめ

最後までお読み頂きありがとうございました。

縮毛矯正を失敗されてしまった際には適切な対処が重要になります。

判断によって綺麗な髪の毛になるまでの期間が大きく変わってきますので、

縮毛矯正や髪質改善に特化した美容師さんに任せて下さい!


ENOREではオリジナルの薬剤や商品を使用し、様々な髪の状態のお客様を美髪に導いていますので是非一度ご相談ください!


▽ご相談はこちらから▽

Instagram : @reo.0.0