縮毛矯正と一緒に白髪染めをしても痛まない?

柏のママ美容師酒巻明美です。縮毛矯正していると縮毛矯正をしているだけで髪が傷みやすくなりますよね。髪のダメージも気になるけど、白髪も染めたいけど髪が痛んでしまうんでないかと悩んでる方は、、、このコラムを読んで頂けるだけで、縮毛矯正をしながら白髪染めを一緒にしていいのかの答えがあると思います。最後迄、読んでいただけたら幸いです。

そもそも縮毛矯正って何?

縮毛矯正とは、癖と強い髪をまっすぐな自然な状態に固定する技術です。髪に癖があってまとまらない。髪が広がってしまう方に是非オススメな施術です。縮毛矯正には、サロンで行う縮毛矯正、ドラッグストア、スーパーなどで簡単に手に入る市販縮毛があります。市販縮毛は、誰でも簡単に施術が行えることができるメリットがありますが、髪に負担がかかりやすいです。髪に負担がかかるということになれば、髪にダメージが出ますので、サロンでの施術をオススメします。

白髪染めだけなら痛まない?

白髪染めを染める方法とは?

まず白髪を染める方法としては、手軽に自宅で出来る(市販の白髪染め)と手軽ではないけど綺麗に染まる(サロン白髪染め)があります。

市販の白髪染めのメリットとデメリット

メリット  金額を抑えることができる。

      時間がない方でも好きな時間に髪を染めることが出来る。

デメリット 自分で染めるので白髪が染まってない時がある。

      自分で染めるので1度染めた髪にも薬剤をのせてしまうので髪のダメージが出やすい。

      髪に色むらが出る。

サロンの白髪染めのメリットとデメリット

メリット  美容師に染めてもらうので1度染めた髪には薬を乗せないので髪に負担がない。

      白髪がしっかり染められる。

      自宅で染める訳ではないので、片付けがない。楽チン!

デメリット 美容室まで行かないといけないので、めんどくさい。時間を取られてしまう。

      市販の白髪染めより金額が高い。

はたして白髪染めだけなら痛まないの?

市販の白髪染め、美容室で染める白髪染め2つの方法がありますが白髪染めだけなら市販でも痛まないでしょって!!考えたりしてる方は気をつけてくださいね。今の施術の仕方を3年後、5年後、、、その先も市販白髪染めをやり続けると髪に負担出ると思います。自分の髪の事を考えているんでしたら、美容室での白髪染が良いと思います。美容室での白髪染めも髪に負担がかからない弱酸性のカラーがあるサロンでしたら傷みが少なく施術できるとおもいます。髪を痛ませたくない方には、美容室での白髪染めをオススメします。美容室で白髪染めして。ご自宅のケア(メンテナンス)をしっかりして頂いたら髪は、恐らく痛まなくなると思います。

Q&A

Q  私は癖と白髪に悩んでます。今は縮毛矯正と白髪染めをしていますが髪がごわつき痛んでいます。先日美容室で縮毛矯正と白髪染めの両方をしたいとカウンセリングの時に伝えたんですが両方出来ないと言われてしまいました。。。痛みを抑えて縮毛矯正と白髪染めを両方する事、出来ないでしょうか??どうしても、やりたいんです。

A, 髪の癖と白髪気になりますよね。お時間がない方だと、同時施術したいですよね。髪のダメージレベルにもよりますが、縮毛矯正を基準にして白髪染めは根元のリタッチのみカラーをするなどいかがでしょうか?髪のコンディション次第で別日を提案させていただくかもしれませんが、毎日のお手入れがしやすい髪にするためだと考えるのはどうでしょうか?美容室にご来店した際に気軽に、ご相談してください。

まとめ

このコラムを読んで頂いてわかるように、縮毛矯正、白髪染め片方ずつの施術でも施術方法によっては髪に負担かかります。縮毛矯正と白髪染めを一緒に施術する事は出来ますが、髪のコンディション次第と考えてください。ですので縮毛矯正と白髪染めを一緒の施術は、今迄の履歴次第で髪のダメージレベルは変わってきます。弱酸性縮毛矯正ですので、他店より髪の負担は少ないと思いますが、髪のコンディションで左右されますので担当のスタイリストとしっかりカウンセリングをしてくださいね!あと、美容院の施術後は髪の状態が良くても、ご自宅に戻ってからのメンテナンス次第でダメージが出る方もいます。なのでご自宅のケアは、凄く大切ですのでケアをしっかりしましょう。ケア次第でダメージレベルは変わりますから!

最後迄、読んで頂きありがとうございました。

      

       ENORE柏  酒巻 明美